亜鉛サプリで元気になれる!とは聞いてるけどなぜなの?

亜鉛ってそもそも何?

亜鉛サプリには、名前の通り、亜鉛という成分が関係しているわけですが、そもそも亜鉛はどんな成分なのだろう? と肝心なところが曖昧になってしまっていることもあるのではないでしょうか。

ビタミンやミネラルなどのように身近に挙げられる成分名はよく耳にすることがあっても、実際にどのような働きをしているのか、という部分には複雑な事柄も関係してきますので完全に理解するのは難しい時があるでしょう。
亜鉛にもいろいろな働きが挙げられていますが、簡単な情報だけでも知っておくと亜鉛サプリを選ぶ際に役立つことがあります。

自分の体の中でどのように活躍しているのか、というところにも視点を当てて、亜鉛サプリを選ぶ前に、まずは亜鉛についての知識を高めておきましょう。

亜鉛については、化学の教科書で見かけたこともあるかもしれませんね。専門的な分野では、金属元素となり、元素記号ではZnと表します。亜鉛は、金属の腐食を防ぐために使われたりすることがあり、塗料に含まれていたり、機械の部品に使われたり、スキンケア製品に含まれていたり、といろいろな活躍場所があります。

そして、体内では、骨、筋肉、肝臓 血液などに存在していて、味覚を正常に保つ働きや皮膚や粘膜の健康を保つ働きなどで役立ち、細胞が作られる時に必要になる栄養素としても知られていますので参考にしてみましょう。

詳しい部分では、糖や脂質の代謝、タンパク質の合成などで大切な役割を担い、体の中で働く酵素を作るのに必要な成分である、というのもポイントです。


亜鉛はどんな食べ物に含まれているの?

サプリメントは、日々の食生活で補いきれない栄養の摂取を助けてくれるアイテムですが、元々の栄養素がそれぞれどの食べ物に含まれているのか、というのを知っておくと、サプリメントを選ぶ時にも参考になります。

亜鉛サプリを選ぶ時にも、亜鉛不足の心配を抱えていることがあるかと思いますが、まずは亜鉛がどんな食べ物に含まれているのか、というところにも注目してみましょう。亜鉛サプリを選ぶ時だけに限らず、亜鉛サプリを活用する際にも、日々の食生活とバランス良く利用していく際に役立ちます。

亜鉛は、肉類や魚介類に含まれていることで注目されていますが、それぞれの食材によって含まれている量には違いがありますので、何に多く含まれているのか、ということを知っておくとなお役立つでしょう。例えば、肉類では牛肉がよく挙げられ、ほかには豚レバーなどがあります。

魚介類では牡蠣に注目が集まっていますので、含有量のランキングなども参考に詳しくチェックしてみましょう。植物性のものでは、穀物や豆、ナッツ類、海藻類などがあります。また合わせて亜鉛の吸収率についても視野を広げてみましょう。

動物性の食品に注目が集まる背景には、吸収率との兼ね合いも関係しています。亜鉛には、吸収を助ける成分と妨げる成分がありますので、これらの違いも知っておくと良いですね。

吸収を助ける成分には、動物性のタンパク質、クエン酸、乳製品に含まれる成分などがあり、反対に妨げてしまう成分には、食物繊維、シュウ酸 フィチン酸などが挙げられています。

全体における食べる量なども関係してきますので、はっきりと線引きをするのは難しい部分がありますが、食生活のアドバイスとして参考にしておきましょう。

亜鉛が不足してしまうのはなぜ?

毎日食事をとっているのに、どうして栄養が不足してしまうのでしょうか。人それぞれ不足してしまう栄養素に違いがあるように、原因は人それぞれ異なることがあります。亜鉛についても、はじめのうちは、不足に気が付かなかったり、どうして不足してしまうのかがわからなかったりすることがあるかもしれませんね。

亜鉛サプリを飲んだほうが良いかもしれない、と感じる時には、具体的にどうして不足してしまうのか、という原因にも目を向けてみましょう。また、不足の原因を知ることで、亜鉛不足にもより早く気付けるようになります。亜鉛サプリの検討にも役立つ情報となりますので、亜鉛サプリの商品を探す前に、一度原因について探ってみると良いですね。

亜鉛不足について取り上げられる事柄の背景には、現代人の生活も関係して言われることがあるでしょう。例えば、無理なダイエットをしていたり偏食をしていたりすると、亜鉛が不足してしまうことがありますが、そのため、痩せることに対して魅力を感じやすい現代の若い女性についての心配が挙げられることがあります。

亜鉛が含まれている食べ物を食べなければ、不足につながってしまうわけですが、歯ごたえのある肉や魚介類は高齢になると食べづらくなることもありますね。このような場合には、高齢者の食生活にも工夫が必要になるでしょう。

また、亜鉛は動物性の食べ物に含有量や吸収の面でもメリットがあることから、ベジタリアンの人についても心配されることがあります。細かい部分では、精製された穀物や加工食品を日常的に食べることなども不足の原因として挙げられていますので、視野を広げて参考にしてみましょう。そのほか、抱えている病気が原因で亜鉛不足につながる場合もあります。

亜鉛不足になるとどうなるの?

亜鉛サプリを飲んでみたい、と思う理由には、現在抱えているトラブルが影響していることもあるでしょう。トラブルの解決方法として、亜鉛サプリが良さそうだという情報を目にする時もあるのではないでしょうか。

亜鉛は私たちの体の働きのさまざまなところに関係していますので、同じく複数のトラブルの原因とも関連していることがあります。では、亜鉛不足になるとどのような状態になるのでしょうか。亜鉛サプリを選ぶ前に、不足がもたらすことについても詳しく知っておきましょう。

まず、よく挙げられるのが味覚障害です。味覚のような感覚は繊細な部分もありますのでわかりづらい時もあるかと思いますが、以前と比べて違いを感じた時にはそのままにせず早めに対処に取り組むようにしましょう。

亜鉛は細胞の生まれ変わりに関する働きを担っていますが、味を感じる細胞の成長がうまくいかないことで、味の感じ方に影響が出てしまいます。それから、皮膚疾患の悪化なども合わせて挙げられることがあります。

アトピー性皮膚炎については、そのほかの原因があるため一概には言えませんが、アトピーと亜鉛不足の関連についても挙げられることがありますので、トラブルを抱えている時には治療の参考にしてみましょう。

ほかには、傷の治りが遅くなる、などのトラブルも言われています。また、うつ病などの精神的なトラブルへの影響も挙げられ、亜鉛不足はひどくなると、脱毛や生殖機能などのトラブルを引き起こすこともありますので、幅広いトラブルにも視野を広げて気をつけていきましょう。

自分自身の体だけでなく、赤ちゃんを育てている妊娠中にも注意が必要です。



亜鉛摂り過ぎに注意とは?

亜鉛サプリは亜鉛不足の時に役立つアイテムですが、同時に注意事項も挙げられています。サプリメント全般において、成分の摂り過ぎの問題はよく注意が促されていますが、亜鉛サプリにも同じく過剰摂取に注意することが大切になりますので、亜鉛サプリを飲み始める前に把握しておきましょう。

サプリメントは小さなアイテムですが、栄養は凝縮されていますので、軽視せず自分の体にとって問題のない量を活用することが必要です。

亜鉛を摂り過ぎてしまうと、めまい、吐き気、胃や腎臓、神経への障害などのトラブルが起きることがありますので、かえってトラブルを生まないように上手に利用するようにしましょう。また、亜鉛と銅や鉄はお互いにバランスをとっているため、どちらかが多すぎるとどちらかが欠乏するという関係にあります。

そのため、亜鉛を摂り過ぎることで、銅の吸収を妨げてしまう場合があり、銅欠乏性貧血などになる場合もありますので注意しましょう。そのほか、サプリメントの利用以外に、亜鉛を意識した食生活に気を付ける上での注意点もあります。

亜鉛が含まれる加工食品などを利用する場合には、塩分を摂り過ぎてしまう場合がありますので、ほかの成分の摂り過ぎにも気を付けましょう。

また、亜鉛は豚レバーにも多く含まれることで知られますが、レバーなどで摂取する場合には、ビタミンAを過剰に摂り過ぎる心配がありますので、食べる量に注意することがポイントです。これらの事柄も踏まえて、バランスの良い亜鉛摂取を心がけられると良いですね。

夏場は、子供のワキガが気になります


このページの先頭へ戻る